2019年5月24日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,117.22 -33.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,100 ±0

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月24日(金)14:20

アマゾンジャパン ファーウェイ製品の直販停止[映像あり]

野村 情報漏洩問題で15時から記者会見

5月24日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、反発しダウ110ドル高 米景気懸念が後退、資本財関連が高い

2019/4/19 5:20
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】18日の米株式相場は反発した。ダウ工業株30種平均は前日比110ドル00セント(0.4%)高の2万6559ドル54セントと2018年10月4日以来の高値で終えた。市場予想を上回る米小売売上高や米主要企業の決算発表を受けて投資家心理が上向き、資本財関連株を中心に買いが優勢になった。

米商務省が朝方発表した3月の米小売売上高は前月比で1.6%増と市場予想(1.0%増)を大幅に上回り、17年9月以来の大きな伸びとなった。米景気が減速するとの過度な懸念が後退し、幅広い銘柄が買われた。

18日朝に市場予想を上回る四半期決算を発表した機械のハネウェル・インターナショナルが上場来高値を更新した。建機・産業機器レンタルのユナイテッド・レンタルズや工具の製造・販売などを手掛けるスナップオンなども四半期決算が買い材料視され、買いが膨らんだ。建機のキャタピラーや航空機のボーイングなど資本財関連株に買いが波及した。

米中貿易協議が合意に向けて進展しているとの期待も相場を支えた。4月下旬に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が訪中し、5月上旬には中国の劉鶴副首相が訪米する見通しと米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が17日報じた。

ダウ平均の構成銘柄では保険のトラベラーズが高い。18日発表した四半期決算を好感した買いが優勢となった。医療保険制度の改革を巡る不透明感から前日まで下げが目立った医療保険のユナイテッドヘルス・グループに買い戻しが入ったのも、指数を押し上げた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比1.981ポイント高の7998.061で終えた。マイクロソフトやアップルなどの主力株が上昇した一方、バイオ製薬や半導体関連株に売られる銘柄が目立ち上値は限られた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム