2019年6月19日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,333.87 +361.16
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,270 +360

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反落で83ドル安 ボーイング株が押し下げ

2019/4/9 5:27
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落し、前週末比83ドル97セント(0.3%)安の2万6341ドル02セントで終えた。ボーイング株が大幅安となり、ダウ平均を押し下げた。半年ぶりの高値圏とあって、利益確定売りも出やすかった。一方、アップルが支えとなり、下げ幅は限定的だった。

ボーイングが4%あまり下落し、1銘柄でダウ平均を118ドル強押し下げた。墜落事故を起こした主力旅客機「737MAX」の生産ペースを2割落とすと5日に発表した。アナリストが目標株価と投資判断を引き下げるなど先行きの収益に警戒感が広がった。

12日に米銀行大手のJPモルガン・チェースとウェルズ・ファーゴが2019年1~3月期決算を発表を予定し、米企業の四半期決算発表が始まる。主要500社の1株利益は前年同期比4.2%減と16年4~6月期以来の減益が見込まれており、発表シーズン入りを前に利益確定売りも出やすい。

一方、ヘルスケア事業が成長をけん引するとのリポートを受け、アップルが1%あまり上昇。アナリストが投資判断と目標株価を引き上げた日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)も買われ、ダウ平均を下支えした。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、15.192ポイント(0.2%)高の7953.884と18年10月上旬以来ほぼ半年ぶりの高値で終えた。アップルのほかアマゾン・ドット・コムなど主力株の一角が買われた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム