/

米国株、ダウ再び1000ドル超下落 2万4000ドル下回る 長期金利上昇を警戒

【NQNニューヨーク=戸部実華】8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続落し、前日比1032ドル89セント(4.1%)安の2万3860ドル46セントで終えた。米長期金利の上昇圧力の高まりが警戒され、PER(株価収益率)が高いハイテク株を中心に幅広い銘柄が売られた。米株の価格変動率の高まりも投資家心理を冷やした。

ダウ平均は過去最大の下げ幅となった5日に次ぐ過去2番目の下げ幅となった。1月26日に付けた過去最高値(2万6616ドル)からの下落率は10%を超え、調整局面に入った。

米長期金利の指標である10年物国債利回りは8日に一時2.88%まで上昇(債券価格は下落)した。前日に米与野党の上院指導部が18~19会計年度の歳出上限引き上げで合意し、国債増発の懸念が広がった。8日実施の30年物国債入札がやや低調に終わり、長期金利が上昇しやすかった。株式市場では金利上昇圧力の高まりが嫌気された。

株式の価格変動率が高まっており、相場変動の先行きを見極めたい投資家が多い。米株の変動性指数(VIX)は8日に33.46と前日比21%上昇した。不安心理が高まった状態とされる20を大きく上回った。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は前日比274.825ポイント(3.9%)安の6777.159で終えた。マイクロソフト、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アルファベット(グーグル)など主力株が軒並み5%前後の大幅安となり、指数を押し下げた。

業種別S&P500種株価指数では全11業種が下落し、「金融」「IT(情報技術)」「一般消費財・サービス」の下げが目立った。

8日朝に発表した17年10~12月期決算で既存店売上高が減ったドラッグストアのCVSヘルスが安かった。携帯電話のTモバイルUSや電気自動車(EV)のテスラも大幅安となった。

ダウ平均を構成する30銘柄全てが下落した。クレジットカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)、半導体のインテル、建機のキャタピラーの下げが目立った。

一方、短文投稿サイトのツイッターは急伸した。朝方発表の17年10~12月期決算で最終損益が上場後初めて黒字転換した。メディア大手のバイアコムも決算を手掛かりとした買いが入り大幅高だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン