/

米国株、ダウ続伸し95ドル高 3カ月ぶり高値 マクドナルドが押し上げ

【NQNニューヨーク=森田理恵】7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比95ドル02セント(0.4%)高の2万5241ドル41セントとほぼ3カ月ぶりの高値で終えた。リストラ計画が伝わったマクドナルドが大きく上げ、相場をけん引した。ただ来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)などを控えて様子見ムードも広がりやすく、ダウ平均は伸び悩んで終えた。

マクドナルドは前日比4.4%上げ、1銘柄でダウ平均を48ドル押し上げた。経営陣が大規模な人員削減の方針を従業員に伝えたと米メディアが報じ、収益改善を期待した買いが入った。

米原油相場が反発し、シェブロンやエクソンモービルなど石油株が買われた。「物言う株主」のもとで経営改革が進むとの期待からプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が上げたことも相場上昇に寄与した。

米中の貿易摩擦への警戒感がやや後退したことも買い安心感につながった。米商務省が7日、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に対する制裁の見直しで同社と合意したと発表。午前中にはダウ平均は一時180ドル近く上昇した。

ただ、午後には18ドル高まで伸び悩む場面もあった。景気悪化が警戒されるブラジルの関連上場投資信託(ETF)が大きく下げ、新興国の景気不安が意識された。週末の主要国首脳会議や来週のFOMCなど重要日程を控える。先行き不透明感から債券が買われ、米長期金利が低下。これを受けて銀行株が午後に伸び悩み、相場全体の重荷になった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落し、前日比54.173ポイント(0.7%)安い7635.070で終えた。前日まで3日続けて過去最高値を更新したため、利益確定を目的とした売りが主力株に出た。フェイスブックやマイクロソフト、インテルのほか、半導体のアプライドマテリアルズなどが大きく売られた。

前日夕の決算発表をきっかけに、5ドルショップのファイブ・ビローやクラウドセキュリティーのゼットスケーラーが急伸。会員制卸売のコストコ・ホールセールは5月の既存店売上高が2ケタ増えたと発表し、好感した買いが優勢だった。

7日からS&P500種株価指数の構成銘柄に採用された短文投稿サイトのツイッターは下げた。10億ドル規模の新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行すると6日に発表し、1株価値の希薄化が意識された。

朝方に市場予想を下回る四半期決算と業績見通しを発表した食品のJMスマッカーが下落。アナリストが年内の出荷見通しに弱気の見方を示した半導体製造装置のラムリサーチも大幅に下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン