/

米国株、ダウ続伸 358ドル高 米経済再開の動き好感

【NQNニューヨーク=横内理恵】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸し、前週末比358ドル51セント(1.5%)高の2万4133ドル78セントで終えた。米国で段階的に経済活動を再開させる動きが広がっており、米景気が回復に向かい始めると期待した買いが優勢だった。

多くの州で新型コロナの感染拡大ペースが鈍化しており、27日までにテネシーやジョージア、サウスカロライナなどの各州がレストランやサービス業の営業再開を許可した。感染が深刻なニューヨーク州でもクオモ知事が26日、時期は明示しなかったものの、建設業や製造業を第1段階として徐々に経済を再開させていく方針を示した。

米国では前週に新型コロナ対応としては4800億ドル規模の追加の経済対策が成立した。米連邦準備理事会(FRB)も28~29日に開く米連邦公開市場委員会(FOMC)で積極的な金融緩和を続ける方針を示すとみられる。財政・金融政策が米景気を支えると見方も買いを後押しし、ダウ平均は一時430ドル高まで上げ幅を広げた。

テーマパーク事業の業績懸念から足元で売りが目立っていた映画・娯楽のウォルト・ディズニーが大幅高となり、ダウ平均を押し上げた。金利上昇を受けてJPモルガン・チェースなど金融株も高い。事務製品・工業用品のスリーエム(3M)や化学のダウなど景気敏感株にも買われた。

ダウ平均は朝方には伸び悩む場面もあった。米原油先物市場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物が一時30%下げた。エネルギー産業が一段と低迷し、米景気の重荷となることが懸念された。エクソンモービルなどの石油株が下げる場面があった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、同95.64ポイント(1.1%)高の8730.16と3月上旬以来の高値で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン