/

米国株、続落しダウ1190ドル安 過去最大の下落幅 世界景気の下振れ懸念で

【NQNニューヨーク=岩本貴子】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6日続落した。前日比1190ドル95セント(4.4%)安の2万5766ドル64セントで終え、2019年8月27日以来、半年ぶりに2万6000ドルを下回った。下げ幅は18年2月5日(1175ドル)を上回り過去最大だった。12日に付けた過去最高値からの下落率は「調整局面」入りとされる10%を超えた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が世界で広がり、世界景気の下振れ懸念が強まった。

米疾病対策センター(CDC)は26日、カリフォルニア州で海外渡航歴がなく、感染者との接触も未確認の人への感染事例があったと発表。欧州や韓国でも感染が一段と広がっており、ヒトやモノの移動の制限の長期化が景気の下押し圧力になるとの見方が強まった。バンク・オブ・アメリカは27日、20年の世界の経済成長率の見通しを従来の3.1%から2.8%に下方修正した。

投資家のリスク回避姿勢の動きは続き、相対的に安全資産とされる米国債が買われた。長期金利の指標となる米10年物国債利回りは過去最低を更新した。

投資家心理を測る指標の変動性指数(VIX)は一時、前日に比べ3割超上昇し、38近辺まで上昇した。不安心理が高まった状態とされる20を上回る水準で一段と上げた。「投資家は新型コロナを巡るヘッドライン(ニュースの見出し)に敏感に反応するようになっている」(ナショナル・ホールディングスのアート・ホーガン氏)との見方があり、指数の値動きの激しさにつながった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反落した。前日比414.295ポイント(4.6%)安の8566.480で終えた。26日夕に20年1~3月期のパソコン関連部門の売上高が当初予想に届かないと発表したソフトウエアのマイクロソフトが売られた。SNS(交流サイト)のフェイスブックやインターネット通販のアマゾン・ドット・コムが下落した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン