/

米国株、ダウ反落し167ドル安 小売売上高受け消費減速を警戒

【NQNニューヨーク=戸部実華】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落した。前日比167ドル09セント(0.6%)安の2万9783ドル35セントで終えた。朝方発表の10月の米小売売上高が市場予想を下回り、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた消費減速が懸念された。ダウ平均は前日に9カ月ぶりに過去最高値を更新し、目先の利益を確定する売りも出た。

小売売上高は前月比0.3%増と市場予想(0.5%増)に届かず、9月(1.6%増)から減速した。市場では「経済対策の効果が薄れ、消費の大きな足かせになりつつある」(エバコアISI)との見方もあり、米景気の先行き不透明感が意識された。

消費関連株が売られ、クレジットカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)が下げた。17日に市場予想を上回る四半期決算を発表したホームセンターのホーム・デポや小売り大手のウォルマートも材料出尽くし感の売りに押された。前日に著名投資家のウォーレン・バフェット氏率いる投資会社による保有株削減が明らかになった銀行のJPモルガン・チェースも安い。

ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムが17日、処方薬のネット販売を始めたと発表した。競合激化の懸念からウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが10%安となるなど、ドラッグストア株が軒並み大幅安となったのも相場の重荷となった。

ダウ平均は取引開始後しばらくして下げ幅を400ドル超に広げた後は、下げ幅を縮小させた。運航停止中の主力機「737MAX」の再開を米当局が近く認めるとの観測から航空機のボーイングが買われた。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムや製薬のメルクなどが買われて、ダウ平均を下支えした。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前日比24.786ポイント(0.2%)安の1万1899.343で終えた。SNS(交流サイト)のフェイスブックやソフトウエアのマイクロソフトなど主力株の一角が売られた。16日にS&P500種株価指数への新規採用が決まった電気自動車(EV)のテスラは8%高で終えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン