最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,141.55 -178.32
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,120 -180

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発で81ドル高 米GDPを好感、ナスダックとS&P500は最高値

2019/4/27 5:38
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、前日比81ドル25セント(0.3%)高の2万6543ドル33セントとこの日の高値圏で終えた。市場予想を上回る米実質国内総生産(GDP)の発表を受けて、米景気の減速に対する警戒感が一段と後退したのを好感した買いが幅広い銘柄に入った。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、27.716ポイント(0.3%)高の8146.398、多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は3日ぶりに反発し13.71ポイント(0.5%)高の2939.88とともに23日に付けた過去最高値を更新した。

25日夕に発表した四半期決算が最高益となったアマゾン・ドット・コムが2%強、業績が市場予想ほど悪化しなかった自動車のフォード・モーターが10%強上げるなど、業績を手掛かりにした買いが幅広い銘柄に入った。

米商務省が26日朝に発表した2019年1~3月期の実質GDP(速報値)は前期比年率で3.2%増と18年10~12月期(2.2%増)から持ち直し、市場予想も上回った。市場では「うれしい驚きだ」(スレートストーン・ウェルスのロバート・パブリック氏)と受け止められた。

もっとも、業績悪化への警戒感から売られた銘柄もあり相場の上値は限られた。25日夕に通期の売上高の下方修正を発表した半導体のインテルが売られ9%下げた。26日朝に発表した19年1~3月期で1株利益が市場予想を下回った石油のエクソンモービルや売上高が市場予想に届かなかったシェブロンも売られた。ダウ平均は一時69ドル安まで下げた。

インテルの見通しを受けて画像処理半導体(GPU)のエヌビディアなど半導体関連株に売りが波及した。エクソンやシェブロンへの売りが波及したうえ原油先物相場が大幅安となったこともあって、エネルギー関連株の下げも目立った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム