/

米国株、ダウ続伸で140ドル高 一時280ドル近く上昇も伸び悩む

【NQNニューヨーク=滝口朋史】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比140ドル90セント(0.6%)高の2万5657ドル73セントで終えた。石油株や金融株が買われ、指数を押し上げた。一方、米長短金利の逆転を受けて景気の先行きに対する警戒感は根強く、上値では利益確定目的の売りも出て伸び悩んだ。

主要産油国による協調減産が続くとの見方に加え、ベネズエラで25日に今月2回目の大停電が発生し26日に原油の輸出港が操業を停止していると伝わり、原油先物相場が上昇。収益改善期待からエクソンモービルやシェブロンなど石油株が買われた。

米長期金利の低下が26日はひとまず一服した。利ざや悪化への警戒感から売りが続いていたゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど金融株が買われたのも指数押し上げにつながった。

今週後半には閣僚級の米中貿易協議が再開する。合意に向けて前進しそうとの期待から工業製品・事務用品のスリーエム(3M)など中国への収益依存度が高い銘柄が買われた。ダウ平均の上げ幅は一時280ドル近くまで拡大した。

一方、半導体大手のクアルコムがアップル製スマートフォンの米国への輸入と販売の差し止めを米国際貿易委員会(ITC)などに申し立てていた問題で、ITCが26日に特許侵害を認め一部の「iPhone」の輸入禁止を勧めたと伝わった。アップルが売られダウ平均の上値を抑えた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発し、53.981ポイント(0.7%)高の7691.522で終えた。クアルコムが買われ、証券会社が「買い」で投資判断を始めた画像処理半導体(GPU)のエヌビディアなどが上げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン