/

米国株、続伸 ダウ470ドル高で過去最高値 ワクチンの開発期待で

【NQNニューヨーク=横内理恵】16日の米株式相場は続伸した。ダウ工業株30種平均は前週末比470ドル63セント(1.6%)高の2万9950ドル44セントで終え、今年2月以来となる過去最高値を更新した。新型コロナウイルスワクチンの普及で経済の正常化が進むとの期待が強まり、景気敏感株を中心に買いが優勢になった。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は前週末比41.76ポイント(1.2%)高の3626.91と3600台に上昇し、連日で過去最高値を更新した。

米バイオ製薬のモデルナが16日、コロナワクチンの臨床試験の初期データで「94.5%の有効性が示された」と発表した。数週間以内に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する。9日には米製薬のファイザーも、独ビオンテックと共同開発するワクチンの高い有効性が確認できたと発表し、11月中にFDAに緊急使用を申請する方針を示していた。

ワクチン普及への期待が高まり、景気敏感株や業績面で新型コロナのダメージを受けていた銘柄が買われた。航空機のボーイングや石油のシェブロンなどが大幅高。映画・娯楽のウォルト・ディズニーや化学のダウも高い。クルーズ船や空運株にも買いが優勢だった。モデルナは10%近く上げた。

取引終了にかけて一段高となり、ダウ平均はほぼ高値引けとなった。節目の3万ドルまで50ドル足らずに迫る。11月に入って3400ドルあまり上げており、市場では「過熱感が強い。短期的には利益確定売りが出やすい」(キングスビュー・アセットマネジメントのポール・ノールト氏)との声もあった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数も続伸し、前週末比94.843ポイント(0.8%)高の1万1924.129と最高値を付けた9月2日以来の水準で終えた。スマートフォンのアップルなど主力ハイテク株の一角に買いが入り、指数を支えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン