10/28 7:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,485.80 -8.54
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 +10

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発し112ドル高 小売売上高を好感 ナスダックは続落

2020/10/17 6:04
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日比112ドル11セント(0.4%)高の2万8606ドル31セントで終えた。朝方発表の9月の米小売売上高が市場予想を上回って伸び、米経済の底堅さを意識した買いが優勢となった。

9月の小売売上高は前月比1.9%増と5カ月連続で増え、市場予想(0.7%増)も上回った。春先の現金給付などで家計の預金は大きく増加したことに加え、株高による資産効果が寄与しているとの見方があった。消費者心理を映す米ミシガン大学が同日発表した10月の消費者態度指数も81.2と9月分から上昇し、市場予想(80.5程度)も上回った。

ワクチンの実用化が意識されたことも投資家心理の改善につながった。製薬大手ファイザーは16日、独ビオンテックと共同開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、11月下旬にも米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請すると明らかにした。

建機のキャタピラーや機械のハネウェル・インターナショナル、工業製品・事務用品のスリーエム(3M)など景気敏感株に買いが入った。運航停止中の主力旅客機「737MAX」について、欧州の航空規制当局が運航再開を容認したと伝わったボーイングも上昇した。ファイザーが4%高となるなど医薬品株の上昇も目立った。

一方、業績が景気の影響を受けにくく、新型コロナ禍でも買われてきたハイテク株は売られやすく、相場の重荷となった。スマートフォンのアップルが続落。ネット通販のアマゾン・ドット・コムと動画配信のネットフリックスは2%安となった。

欧米での新型コロナの感染再拡大への警戒もくすぶった。米ジョンズ・ホプキンス大によると、米国の累計感染者は16日に800万人を超えた。1日あたりの新規感染者数は7月のピーク時に近づきつつあり、相場の上値を抑えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は前日比42.32ポイント(0.4%)安の1万1671.56と4日続落した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム