2018年11月19日(月)

11/19 16:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,821.16 +140.82
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,840 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月19日(月)14:18

官房長官「米中の動向注視」 APEC首脳宣言断念で[映像あり]

日銀 決済機構局長に金融機構局審議役の木村武氏

11月19日(月)13:01

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ大幅反発で547ドル高 好決算銘柄に買い VIX低下も追い風

2018/10/17 5:42
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反発し、前日比547ドル87セント(2.2%)高の2万5798ドル42セントで終えた。上げ幅は3月下旬以来の大きさだった。16日朝に米主要企業が発表した好決算を受けた買いが広がった。米株の変動性指数(VIX)の低下も追い風となった。

16日朝に金融大手のゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーが発表した2018年7~9月期決算は1株利益が市場予想を上回った。医療保険のユナイテッドヘルス・グループと医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、好決算とあわせて通期の業績見通しも引き上げた。

米長期金利の上昇が一服したのも買い安心感につながった。16日夕に決算発表を控えていた動画配信のネットフリックスを含む主力ハイテク株が総じて上昇し、投資家心理の改善につながった。ハイテク株に並ぶ成長株であるバイオ医薬や医療機器などヘルスケア株の上昇も目立った。

16日発表の良好な米経済指標も相場を支えた。9月の鉱工業生産指数や、10月の全米住宅建設業協会の住宅市場指数が市場予想を上回り、8月の米求人数が2カ月連続で過去最高となった。

市場心理を測る指標となる米株の変動性指数(VIX)は17.62と、前日比17%低下した。不安心理が高まった状態とされる20を下回った。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数も大幅に反発し、前日比214.746ポイント(2.9%)高の7645.490で終えた。アマゾン・ドット・コムやフェイスブック、マイクロソフトといった主力株が3%台の上昇だった。半導体のインテルやエヌビディアも大幅高だった。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム