最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,810.91 +115.17
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,790 +30

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、急反発 ダウ1627ドル高 新型コロナへの懸念和らぐ

2020/4/7 5:27
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】6日の米株式相場は急反発した。ダウ工業株30種平均は前週末比1627ドル46セント(7.7%)高の2万2679ドル99セントで終えた。3月13日以来の水準に戻した。世界的に新型コロナウイルスの感染拡大が鈍化するとの期待から、足元で大きく下げた銘柄を中心に買い直しが優勢となった。

ニューヨーク州のクオモ知事は5日の記者会見で「新型コロナによる1日あたりの死者数が初めて減った」と述べた。6日には「死者数の増加は平たんになった」と話した。米国で感染者数が突出して多い同州で増加ペースが鈍り、新型コロナ感染の急拡大が続くとの懸念がやや和らいだ。

欧州で大量の感染者と死者を出していたイタリアやスペインでも、新たな死者数が減ったと週末に伝わった。欧州株式相場が6日に軒並み大幅高となり、米株投資家のリスク選好を促した。

前週までに大きく下げていた航空機のボーイングやクレジットカードのアメリカン・エキスプレスが急騰した。スマートフォンのアップルやソフトウエアのマイクロソフトなどハイテク大手も買われた。米長期金利が上昇し、ゴールドマン・サックスなど金融株の上昇も目立った。

ダウ平均を構成する全30銘柄が上げ、業種別のS&P500種株価指数は全11業種が上げた。

ナスダック総合株価指数は同540.15ポイント(7.3%)高の7913.24で終えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム