/

米国株、ダウ4日続伸で181ドル高 対メキシコ関税の先送り報道で、石油株高い

【NQNニューヨーク=戸部実華】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸し、前日比181ドル09セント(0.7%)高の2万5720ドル66セントで終えた。「米国がメキシコからの輸入品に対する追加関税の発動を遅らせることを検討している」と米ブルームバーグ通信が6日午後に報じ、幅広い銘柄が買われた。市場で高まっている米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測も引き続き相場の上昇を支えた。

米国とメキシコは6日も不法移民の流入を巡る協議を継続した。米国は10日にメキシコからの全輸入品に5%の追加関税の発動を予定しているが、報道を受けて追加関税がサプライチェーン(供給網)の混乱を招き米景気を押し下げるとの懸念がやや和らいだ。ダウ平均は一時260ドルまで上げ幅を拡大した。

市場では「FRBが利下げすれば米景気を支える」(インバーネス・カウンシルのティモシー・グリスキー氏)との期待も根強い。景気減速への警戒感が和らぎ、景気動向に敏感な素材株など出遅れ感の強かった銘柄に買いが入ったとの見方もあった。

米原油先物相場が上昇し、原油安を背景に前日は下げが目立った石油株が軒並み買われた。シェブロンやエクソンモービルが上昇し、指数を押し上げた。

朝方は小幅に下げる場面があった。前日までの2日間で700ドルあまり上昇した後で、目先の利益を確定する目的の売りが出やすかった。

欧州中央銀行(ECB)は6日の理事会で少なくとも2020年前半までは政策金利を据え置くと決めた。19年末までとしていた従来から先送りした。ただ、市場の一部では予想ほど金融緩和に前向きではないと受け止められた。一部の欧州株式相場が下げ、米株式相場にも売りが波及した。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、40.078ポイント(0.5%)高の7615.553で終えた。アナリストが投資判断を引き上げたアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が買われるなど、半導体株の一角が高い。エバコアISIが投資判断を「買い」、目標株価を足元の水準より高い205ドルで投資判断を開始したアップルのほか、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなど主力株も買われた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン