最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,112.88 +74.30
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,130 +80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月22日(金)14:19

改正外為法が成立 重要企業への出資規制[映像あり]

公的年金 「マクロスライド」 20年度発動の見通し

11月22日(金)13:04

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発346ドル高 金融株やボーイング高い、ナスダック連日最高値

2018/6/7 5:50
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反発し、前日比346ドル41セント(1.4%)高の2万5146ドル39セントと3月12日以来、ほぼ3カ月ぶりの高値で終えた。米長期金利の上昇を受け金融株が買われたほか、航空機のボーイングなど値がさ株も上昇し指数を押し上げた。

米株は大幅に反発した=AP

欧州中央銀行(ECB)が金融政策を正常化するとの観測などを受け、米長期金利の指標である10年物の米国債利回りが上昇(価格は下落)した。利ざやが改善するとの期待でJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなどの金融株に買いが優勢になった。

4月の米貿易収支は輸出の増加を背景に赤字幅が市場予想以上に縮小した。通商交渉を巡っては5日、中国が米国の農産品やエネルギーを年700億ドル購入すると提案したと伝わった。ムニューシン米財務長官がカナダを鉄鋼とアルミの輸入関税の対象から除外するようトランプ米大統領に話したとの報道もあった。

貿易摩擦を巡る警戒感は根強いものの、米国と貿易相手国との一段の関係悪化を示唆するような報道がなかったことで過度の警戒感が後退した。海外で事業を展開する航空機のボーイング、建機のキャタピラーなどが買われ指数を押し上げた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、前日比51.380ポイント(0.7%)高の7689.243と連日で過去最高値を更新した。半導体やバイオ関連株などに買いが優勢だった。

電気自動車(EV)のテスラが高い。前日に最高経営責任者(CEO)が量産車「モデル3」の生産台数が月内にも目標とする週5000台に届くとの見通しを示した。宝飾品販売のシグネット・ジュエラーズは6日朝発表の四半期決算が市場予想を上回り急伸。石油・天然ガス開発大手のデボン・エナジーは資産売却と自社株買い枠の拡大を発表したのを受け買いが優勢だった。

一方、アナリストによる投資判断の引き下げを受けて口コミサイトのイェルプが売られた。中国企業による個人情報へのアクセスを許してきたことを認めたフェイスブックも売られた。業績見通しを引き下げたデルタ航空も下げた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム