/

米国株、ダウ反発し152ドル高 企業決算を好感、米中協議の進展報道も支え

【NQNニューヨーク=戸部実華】25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比152ドル53セント(0.6%)高の2万6958ドル06セントで終えた。米主要企業の決算発表がピークを迎えるなか、市場予想を上回る決算を発表した銘柄が買われて相場を押し上げた。米中貿易協議が進展したとの報道も投資家心理の改善につながった。

半導体のインテルが8%と大幅高となり、ダウ平均を押し上げた。24日夕に発表した2019年7~9月期決算が市場予想を上回り、通期見通しを上方修正したことが好感された。同社株の上昇を受け、他の半導体株にも買いが波及した。

10月の米中貿易協議での「部分合意」について、米中は調印を目指して条件交渉を続けている。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官が25日、中国の劉鶴副首相と電話協議し「いくつかの分野で合意は最終段階に近づいた」と伝わった。建機のキャタピラーや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)といった中国関連とされる銘柄を中心に買いが広がった。

米長期金利が上昇し、銀行株には利ざや改善を期待した買いが入った。銀行株は前週に市場予想を上回る決算発表が相次ぎ、見直し買いが続いている。JPモルガン・チェースは25日、上場来高値を更新した。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前日比57.323ポイント(0.7%)高の8243.119と約3カ月ぶりの高値で終えた。半導体株高に加え、アップルが連日で上場来高値を更新した。24日夕に発表した決算で利益が市場予想を下回ったアマゾン・ドット・コムは大幅安で始まったが、下げ幅を縮めた。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は3日続伸した。取引時間中には3カ月ぶりに過去最高値を上回る場面もあった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン