/

米国株、ダウ反発 115ドル高 短期の戻り期待の買い 経済指標改善も追い風

【NQNニューヨーク=古江敦子】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発した。前日比115ドル54セント(0.5%)高の2万4873ドル66セントで終えた。前日までの3日間で577ドル下げた後とあって、短期的な戻りを見込む買いが膨らんだ。米経済指標の改善を受け、米景気拡大が続いているとの見方も相場を押し上げた。

朝方発表の週間の新規失業保険申請件数は前週から減った。ニューヨーク連銀とフィラデルフィア連銀が発表した3月の製造業景況指数は市場予想を上回った。前日発表の2月の米小売売上高を受けて米地区連銀などが米実質経済成長率の予想を引き下げた後とあって「投資家心理が持ち直した」との指摘があった。

建機のキャタピラーが上昇した。航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズと航空機のボーイングが一時は買い優勢となり、今週に下げが続いた銘柄に戻りを期待する買いがみられた。ダウ平均の上げ幅は午前に一時295ドルに達した。

ダウ平均は午後にかけて伸び悩んだ。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが15日、トランプ米政権が対中貿易で最低でも300億ドルの輸入関税を検討していると報じた。米中貿易摩擦が激化するとの警戒感が根強かった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落し、前日比15.069ポイント(0.2%)安の7481.742で終了した。フェイスブックやアマゾン・ドット・コムなど時価総額の大きい主力株が下落し、指数を押し下げた。

業種別S&P500種株価指数は全11業種のうち「資本財・サービス」「金融」など3業種が上昇した。一方、「素材」「生活必需品」「エネルギー」など8業種が下落した。

1ドルストアのダラー・ゼネラルが大幅に上昇。四半期決算と併せて発表した通期の業績見通しが市場予想を上回り、買いが膨らんだ。中国の証券取引所への上場を計画中と伝わった中国の電子商取引最大手アリババ集団の米預託証券(ADR)が上げた。

ダウ平均の構成銘柄では外食のマクドナルド、医療保険のユナイテッドヘルス・グループが高い。

一方、玩具のマテルとハズブロが下落した。経営破綻した玩具販売のトイザラスが米国の全店舗を閉店する見込みと伝わり、販路縮小を懸念した売りが出た。

ダウ平均銘柄では半導体のインテルや化学のダウデュポン、映画・娯楽のウォルト・ディズニーなどが下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン