/

米国株、ダウ反発し190ドル高 IBMやシェブロン上昇

【NQNニューヨーク=滝口朋史】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前週末比190ドル87セント(0.8%)高の2万5461ドル70セントで終えた。個別に買い材料がでたIBMや石油のシェブロンが買われ、指数を支えた。米中間選挙を6日に控え様子見姿勢が強かったうえ、アップルが大幅に下げたのが重荷だった。

バージニア・ロメッティ最高経営責任者(CEO)が約100万ドルの株式を取得したと5日付で米証券取引委員会(SEC)に届け出たIBMが4%近く上昇。クレディ・スイスが4日付で投資判断を3段階中で真ん中の「中立」から最上位の「買い」に引き上げたシェブロンも3%強上げ、2社でダウ平均を58ドルあまり押し上げた。

3日に発表した2018年7~9月期決算が大幅増益となり、市場予想を上回った著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイも大幅に上昇。これを受け、JPモルガン・チェースなど金融株の一角に買いが波及したのも相場の支えになった。

米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した10月の非製造業景況感指数は60.3と前月から1.3ポイント低下したが、市場予想(59.5)ほど低下しなかった。サービス業の景況感の高止まりを好感し、ウォルマートやマクドナルドなど小売・外食株が買われたのも相場の支えになった。

一方、10月に発売した新型iPhoneの量産モデル「XR」の増産を中止したことが明らかになったアップルが大幅に続落。時価総額はほぼ3カ月ぶりに1兆ドルの大台を下回り、1銘柄でダウ平均を40ドル近く押し下げた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、28.143ポイント(0.4%)安の7328.851で終えた。アマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグル)、フェイスブックなどの主力株が軒並み下げた。

トランプ米大統領は米ネットメディアのアクシオスが4日に公開したインタビューで、IT大手に対し独占禁止法の適用を「真剣に検討している」と語った。規制強化の懸念が再燃し、IT大手株の売りを誘った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン