10/26 11:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,514.41 -2.18
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,510 +20

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発 2万1000ドル台回復 2カ月ぶり高値

2017/5/6 5:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発。前日比55ドル47セント(0.3%)高の2万1006ドル94セントと、過去最高値を付けた3月1日以来ほぼ2カ月ぶりの高値で終えた。アップルが上場来高値を更新し、原油など商品相場の上昇で石油や素材株が買われて相場を押し上げた。4月の米雇用統計は好内容だったが、ほぼ想定通りとして好感した買いは限られた。

5日、ニューヨーク証券取引所で働くトレーダーら=AP

前日夜に半年ぶりの安値を付けたニューヨーク原油相場が反発した。銅など商品先物が全般に持ち直し、石油や素材関連株が買い戻された。リスク資産の原油先物が上げ、投資家心理の改善を後押しした。

米企業の四半期決算の発表は終盤を迎えた。業績改善を意識した買いも入り、相場は引けにかけて上げ幅を広げた。米国の主な株価指数はこの日の高値圏で終えた。

ダウ平均は朝方は小安くなる場面もあった。著名投資家ウォーレン・バフェット氏が保有株の約3割を手放したと伝わったIBMが大きく下げ、相場の重荷になった。終値では1銘柄でダウ平均を約27ドル押し下げた。バフェット氏はIBM株について「6年前に購入し始めた時のようには評価していない」と述べており、市場ではIBMの株価上昇は当面見込めないとの見方が広がった。

4月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月比で21万1000人増と、18万5000人程度だった市場予想を上回った。失業率は4.4%と約10年ぶりの水準に低下した。労働市場の回復基調を示したが、景気見通しを変えるほどではないとの受け止めが多かった。米長期金利の反応が鈍く、米株市場では金融株などを買う動きにはつながらなかった。

7日に実施されるフランスの大統領選は中道系独立候補のマクロン氏が優位とされる。ただ、対立候補が当選すれば同国が欧州連合(EU)離脱に向かうリスクがあるため、結果を見極めたいとのムードが強かった。

5日はイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長ら複数のFRB幹部が講演したが、新味に乏しいとして相場の反応は目立たなかった。

ナスダック総合株価指数は続伸し、25.421ポイント(0.4%)高の6100.758と3営業日ぶりに最高値を更新した。アップルや電気自動車(EV)のテスラなどが買われ、指数を押し上げた。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は3月1日以来ほぼ2カ月ぶりに最高値を更新した。

業種別S&P500種株価指数では全11種のうち「エネルギー」「電気通信サービス」「素材」など9種が上昇。「金融」「ヘルスケア」が下げた。

アップルは1.7%上昇。好決算を発表した銘柄の上げが目立った。1株利益が市場予想以上だったメディアのCBSが買われた。売上高と1株利益が市場予想を上回った外食のシェイクシャックが急伸。増収増益決算と同時に通期の1株利益見通しを引き上げた保険のシグナが高い。化学のデュポンや通信のベライゾン・コミュニケーションズが上げた。

一方、バイオ関連企業のアヴァンドールが買収すると発表した医療用品のVWRが買収価格にさや寄せして下落。スポーツ用品のナイキやクレジットカードのビザも安い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム