2019年6月26日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,076.65 -117.16
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,060 -20

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ191ドル高 予想上回る雇用統計を好感 ナスダックとS&P500は最高値

2016/8/6 5:44
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】5日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が大幅反発した。前日比191ドル48セント(1.0%)高の1万8543ドル53セントと7月22日以来、2週ぶりの高値で終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、同54.873ポイント(1.1%)高の5221.121となり2015年7月以来、およそ1年ぶりに過去最高値を更新した。7月の米雇用統計が市場予想を大幅に上回り米景気や個人消費の先行きに対する楽観が広がった。金融などを筆頭に幅広い銘柄に買いが入った。

米雇用統計で非農業部門の雇用者数が前月比25万5000人増と市場予想(18万人程度の増加)を大きく上回った。賃金の伸びも緩やかに加速し、雇用情勢の底堅さを確認した。市場では米景気や個人消費の先行きに対する期待感につながると株式に買いが膨らんだ。

米連邦準備理事会(FRB)にとって年内の利上げに向けた環境が整いつつあるとの見方も浮上。米長期金利は上昇したものの、株式市場では貸し出し利ざやの改善が見込める金融株などの上げが目立った。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も7月22日以来、2週ぶりに過去最高値を更新した。

業種別S&P500種株価指数(全10業種)では「金融」や「情報技術(IT)」など8業種が上昇した。

製薬のメルクが10%高と急伸し、ダウ平均を40ドル程度押し上げた。同業のブリストル・マイヤーズスクイブが開発する最先端のがん免疫治療薬の臨床試験で有効性が証明されなかった。同様の治療薬を開発するメルクに買いが膨らんだ。一方でブリストルは急落した。

前日夕に発表した四半期決算が市場予想を上回った旅行予約のプライスライン・グループや食品のクラフト・ハインツが高い。JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスも上昇した。

四半期決算を受けてオンラインゲームのジンガも売られた。通信のベライゾン・コミュニケーションズも下げた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム