/

米国株、続伸し542ドル高 連日のハイテク株買い 米政治の不透明感後退

【NQNニューヨーク=岩本貴子】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸した。前日比542ドル52セント(1.9%)高の2万8390ドル18セントで終えた。接戦となっている米大統領選の勝敗が近く判明する見通しが広がった。米政治の不透明感が後退し、投資家が運用リスクを取る姿勢を強めた。米議会上院で共和党が多数派を維持する見通しで、民主党が掲げていた規制強化への警戒感が和らいだこともハイテク株への買いを誘った。上げ幅は一時600ドルを超えた。

米メディアによると、民主党のバイデン前副大統領はネバダ州(獲得選挙人数6)でリードを広げている。ネバダ州で勝利すればバイデン氏の獲得選挙人数は当選に必要な過半数の270人に一段と近づくため、選挙結果が週内にも判明するとの見方が強まった。投資家心理を測る指標である米株の変動性指数(VIX)が一時26台まで低下したことも買い安心感につながった。

民主党が主張してきたハイテク企業への規制強化が過度に進まないとの見方が強まった。スマートフォンのアップルやソフトウエアのマイクロソフト、インターネット通販のアマゾン・ドット・コムなど大型ハイテク株が前日に続き買われた。

米連邦準備理事会(FRB)は5日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で現在の金融緩和策の維持を決めた。低金利環境が長期化するとの思惑も、株式相場を押し上げた。

上院の共和党トップであるマコネル院内総務は4日、議会は年内に新型コロナウイルスで落ち込んだ景気に対応するための追加の経済対策法案を承認する必要があるとの考えを示した。規模は限定的ながら経済対策が成立し、米景気を支えるとの見方も強まった。

建機のキャタピラーや航空機のボーイング、化学のダウなど業績が景気の動向に左右されやすい銘柄も上げた。金融のゴールドマン・サックスとJPモルガン・チェースも高い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数も4日続伸した。前日比300.15ポイント(2.6%)高の1万1890.93で終えた。2020年7~9月期決算が市場予想を上回った半導体のクアルコムが大幅に上昇。スカイワークス・ソリューションズやザイリンクスなど他の半導体関連株にも買いが波及した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン