/

米国株、ダウ続伸し454ドル高 初の3万ドル超え、円滑な政権移行を期待

【NQNニューヨーク=川内資子】24日の米株式相場は続伸した。ダウ工業株30種平均は前日比454ドル97セント(1.5%)高の3万0046ドル24セントと初めて3万ドルを上回って終えた。バイデン次期政権への政権移行が円滑に進むとの観測が強まり、投資家心理が上向いた。新型コロナウイルスのワクチン開発への期待も支えとなり、景気敏感株を中心に買われた。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も57.82ポイント(1.6%)高の3635.41と、1週間ぶりに過去最高値を更新した。

トランプ米大統領は23日、バイデン前副大統領への政権移行業務を容認する姿勢を示した。新型コロナ関連や外交などの機密情報を得られるようになり、政策策定の準備がしやすくなる。財務長官にイエレン米連邦準備理事会(FRB)前議長の起用を検討しているとの報道も、政策の不透明感を後退させた。

新型コロナワクチンの臨床試験で相次ぎ高い有効性が示され、市場ではワクチンの普及で来年以降に米経済が正常化する可能性が高まったとの見方が広がっている。

原油先物相場が大きく上昇し、採算改善への期待からシェブロンが5%上げた。景気の回復観測を背景にJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックス、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスなど金融関連の上げも目立った。経済活動の正常化を見込み、テーマパークを運営する映画・娯楽のウォルト・ディズニーも高い。

ナスダック総合株価指数は前日比156.151ポイント(1.3%)高の1万2036.785で終えた。1万2000ポイントを回復したのは過去最高値を更新した9月2日以来となる。スマートフォンのアップルや交流サイト(SNS)のフェイスブックなど主力ハイテク株が軒並み上昇した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン