/

米国株、ダウ続落し653ドル安 1年3カ月ぶり安値、米政治への懸念で

【NQNニューヨーク=川内資子】24日の米株式相場は4日続落した。ダウ工業株30種平均は前週末比653ドル17セント(2.9%)安の2万1792ドル20セントとこの日の安値で終え、2017年9月7日以来ほぼ1年3カ月ぶりの安値を付けた。米政府機関の一部閉鎖やトランプ米政権の閣僚の発言などを受けて、米政治の不透明感が強まり株式を売る動きが広がった。

米連邦予算が週末に失効し政府機関の一部閉鎖が始まった。メキシコ国境の壁建設を巡って、トランプ米大統領や議会与野党が折り合えなかった。米経済への直接の悪影響は限られるとみられているが、米政治停滞のリスクが意識され投資家心理を冷やした。

ムニューシン米財務長官が週末に米金融大手6行の首脳と電話会談したことが明らかになった。米財務省は「金融市場の機能面にいかなる支障もない」との声明を発表したが、これがむしろ年末にかけて市場が混乱するとの警戒感を促した。トランプ氏がパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長への批判を繰り返していることも米政権の政策運営の不透明感を誘った。投資家のリスク回避姿勢が強まり、消費関連など幅広い銘柄に売りが膨らんだ。

クリスマスの前日で米株式市場は午後1時までの短縮取引だった。休暇を取る市場関係者が多く、少額の取引でも値動きが大きくなりやすい面もあった。相場は取引終了にかけて下げ幅を広げ、ダウ平均以外の主な株価指数もこの日の安値圏で終えた。

ナスダック総合株価指数は同140.075ポイント(2.2%)安の6192.920と17年7月中旬以来の安値で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン