10/27 16:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,485.80 -8.54
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 +10

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発し52ドル高 ハイテク株が上昇、景気懸念で方向感乏しく

2020/9/25 5:32
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】24日の米株式相場は小幅に反発した。ダウ工業株30種平均は前日比52ドル31セント(0.2%)高の2万6815ドル44セントで終えた。主力ハイテク株が買われ、相場を支えた。ただ、景気回復の鈍化懸念から景気敏感株の一角が売られ、次第に相場の方向感は乏しくなった。

9月に入り下落基調にあった主力のハイテク株が総じて上げた。ソフトウエアのマイクロソフトとスマートフォンのアップルはともに1%上げた。証券会社が投資判断を「買い」に引き上げた金融のゴールドマン・サックスが約5%上昇。1銘柄でダウ平均を60ドル程度押し上げた。ダウ平均の上げ幅は午後に300ドルを超える場面があった。

取引開始直後は売りが先行し、ダウ平均の下げ幅は一時200ドルを超えた。朝方発表の週間の新規失業保険申請件数は前週比で2週ぶりに増え、市場予想も上回った。米連邦最高裁のルース・ギンズバーグ判事が18日に死去した。後任人事を巡る与野党の駆け引きで追加の米経済対策の成立が遅れるとの見方が広がるなか、景気回復の鈍化への警戒感が改めて強まった。

航空機のボーイングは3%下落した。前日に好決算を受けて急伸したスポーツ用品のナイキは利益確定売りに押され、化学のダウも下げた。

ムニューシン米財務長官は24日、米政権と野党民主党の議会指導部は経済対策の協議再開で合意したと述べたと伝わった。民主党の下院指導部が追加の経済支援策の策定を進めているとも報じられたが、ともに相場の反応は限られた。

ナスダック総合株価指数は同39.28ポイント(0.4%)高の1万0672.27と反発で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムとネット検索大手グーグルの親会社アルファベットが上昇。エヌビディアなどの半導体株も総じて上げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム