2019年6月24日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,285.99 +27.35
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,230 +40

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、3日ぶり反発 ダウ95ドル高、ボーイング高い

2019/5/25 5:29
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】24日の米株式相場は3日ぶりに反発した。ダウ工業株30種平均は前日比95ドル22セント(0.4%)高の2万5585ドル69セントで終えた。トランプ米大統領の発言を受け、米中貿易摩擦への過度な懸念が和らいだ。メモリアルデーの祝日を前に、売り持ち高を抱えていた投資家の買い戻しも入りやすかった。

トランプ大統領が23日夕に米中貿易交渉について「(中国政府が)多くの企業が中国から出ていくのを喜ぶとは思えない」と述べ、中国が譲歩して早期に妥結すると主張した。貿易摩擦が一段と厳しくなるとの見方がやや後退し、投資家心理が改善した。中国売上高の比率の高いキャタピラーなどが買われた。

ロイター通信が23日、米連邦航空局(FAA)が6月下旬にも2度の墜落事故を起こした旅客機「737MAX」について運航再開を認める見通しだと報じ、ボーイング株が1%あまり上昇したのも指数を押し上げた。上げ幅は一時180ドルまで拡大した。

金融株の上昇も指数を支えた。23日にほぼ1年7カ月ぶりの低水準をつけた米長期金利の低下が一服した。景気の先行きに対する過度な警戒感がやや和らいだのも買いにつながった。

戻りを試す勢いは限定的だった。英国のメイ首相は24日、与党・保守党の党首を辞任する考えを表明した。英国の欧州連合(EU)離脱や、欧州経済の先行き不透明感が重荷だった。

米商務省が24日発表した4月の耐久財受注額は前月から減少した。3月分も下方修正され、企業の設備投資意欲の乏しさが意識されたことも買い手控えにつながった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比8.725ポイント(0.1%)高の7637.009で終えた。アナリストが3年以内に株価が6割あまり上昇するとの見方を示したアマゾン・ドット・コムが買われた。ネットフリックスなど主力株の一角も買われた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム