/

米国株、ダウ平均799ドル安 景気と米中摩擦への懸念強まる

【NQNニューヨーク=滝口朋史】4日の米株式相場は3営業日ぶりに反落し、ダウ工業株30種平均は前日比799ドル36セント(3.1%)安の2万5027ドル07セントで終えた。下げ幅は10月10日以来、約2カ月ぶりの大きさだった。米景気の減速が強まるとの観測が広がったうえ、米中の貿易摩擦への警戒感が再燃し、幅広い銘柄に売りが広がった。

米債券市場で3日に3年債の利回りが5年債利回りを11年ぶりに上回り、2年債と10年債の利回り差も2007年以来の水準まで縮小した。期間の長い利回りが短い利回りを下回る「逆イールド」は1990年や2001年、07年の景気後退の前に起きており、景気拡大局面の終わりが近づいているとの観測を誘った。

短期金利で資金を調達し、長期金利で貸し出す金融機関の利ざやが悪化するとの観測も誘った。ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカなど金融株に売りが膨らんだ。業種別S&P500種株価指数の「金融」は4.4%安と11業種中で下落率が最大だった。

アナリストが目標株価を引き下げた物流のUPSとフェデックスが大幅に下落した。空運や物流関連の主要銘柄で構成する「ダウ運輸株平均」は一時5%あまり下落した。ダウ運輸株平均は米国内外の景気の先行指標とみなされており、急落が投資家心理を冷やした。

前日に和らいだ米中貿易摩擦への警戒感も再燃した。トランプ米大統領は4日、ツイッターに「私はタリフ・マン(関税が好きな男)だ」と投稿した。中国との構造改革を巡る協議で合意できなかった場合、制裁関税を拡大する方針を改めて示した。中国への収益依存度の高い建機のキャタピラーや航空機のボーイングが売られ、2銘柄でダウ平均を180ドルあまり押し下げた。

投資家心理を測る指標とされる米株の変動性指数(VIX)は前日比で26%上昇した。11月23日以来ほぼ1週間半ぶりに、不安心理が高まった状態とされる20を上回った。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は283.086ポイント(3.8%)安の7158.426で終えた。アナリストが投資判断と目標株価を引き下げたアップルが売られ、アマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグル)、ネットフリックスなどの主力株が軒並み大幅安となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン