/

米国株、ダウ続伸し166ドル高 米中合意期待で、雇用統計控え様子見も

【NQNニューヨーク=古江敦子】4日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。前日比166ドル50セント(0.6%)高の2万6384ドル63セントと2018年10月上旬以来ほぼ半年ぶりの高値で終えた。米中貿易交渉の最終合意が近いとの期待が相場を支えた。航空機大手ボーイングが上昇したのも追い風だった。一方、5日発表の米雇用統計を控え様子見ムードも強かった。

米中の閣僚級の貿易協議が3日から再開しており、4日はトランプ米大統領が中国の劉鶴副首相との会談で首脳会談の日程を議論する可能性があると伝わった。貿易摩擦の回避への期待が広がり、建機のキャタピラーや航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズなど中国事業の比率が高い銘柄が買われた。化学のダウなど素材銘柄にも買いが入った。

航空機大手ボーイングが3%近く上昇し、1銘柄でダウ平均を75ドルあまり押し上げた。3月に起きたエチオピア航空の737MAX8型機の墜落事故を巡る調査が続いている。事故の詳細や責任の所在については明らかになってないが、足元で株価が大幅に下げていたため値ごろ感に着目した買いが優勢になった。

一方、上値を追う勢いは限られた。3月の米雇用統計を巡っては、「前月に雇用者数が大幅に伸び悩んだ後とあって、改善を確かめるまでは様子を見たい」(ニューブリッジ・セキュリティーズのドナルド・セルキン氏)と積極的な買いを見送る声も聞かれた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は小幅ながら6営業日ぶりに反落し、前日比3.769ポイント安の7891.784で終えた。前日に大きく上昇した半導体株などを中心に利益確定を目的とした売りが目立った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン