/

米国株、続伸 IT関連に物色、ナスダックは3カ月ぶり過去最高値

【NQNニューヨーク=滝口朋史】4日の米株式相場は続伸した。ダウ工業株30種平均は前週末比178ドル48セント(0.7%)高の2万4813ドル69セントで終えた。アジアや欧州の主要な株価指数が上昇した流れを引き継いで、幅広い銘柄に買いが優勢になった。IT(情報技術)関連銘柄を中心に、個別に買い材料が出た銘柄が買われたのも指数押し上げに寄与した。

IT株比率が高いナスダック総合株価指数は52.128ポイント(0.7%)高の7606.460と3月12日以来、ほぼ3カ月ぶりに過去最高値を更新した。アマゾン・ドット・コムや動画配信のネットフリックス、画像用半導体(GPU)のエヌビディアが上場来高値を更新した。

プログラマーがソフトウエアのコードを公開・共有するサイト「ギットハブ」の買収を発表したマイクロソフトが連日で上場来高値を更新。世界開発者会議でAR(拡張現実)のアプリ開発機能改良を発表したアップルも上場来高値を付けた。

1日発表の5月の米雇用統計を受け、米景気の拡大が続いているとの見方から、アジアや欧州で主要な株価指数が上昇した。イタリアやスペインの政局がひとまず落ち着いていることも株の買い安心感につながった。

投資家が運用リスクを取る姿勢を強め、安全資産とされる米国債の利回りが上昇(価格は下落)。利ざや悪化への警戒感が和らぎ、ゴールドマン・サックスなど金融株の一角が買われた。

業績不振に陥っていたブラジル事業子会社を米投資会社に売却すると発表したウォルマートが上昇。臨床試験でがん免疫治療薬「キイトルーダ」の有効性を示す検証結果が相次いだ製薬大手のメルクも買われた。ホームセンターのホーム・デポやクレジットカードのビザ、スポーツ用品のナイキなども上昇した。

一方、キイトルーダと競合するがん免疫治療薬「オプジーボ」を小野薬品工業と共同開発するブリストル・マイヤーズスクイブは大幅に下落。利用者の個人情報を本人の同意なしに携帯通信機器メーカーが利用できるようにしていたと報じられたフェイスブックも売られた。原油先物相場が一時ほぼ2カ月ぶりの安値を付け、エクソンモービルやシェブロンなどエネルギー関連株にも売りが優勢だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン