2019年8月25日(日)

8/25 16:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウが179ドル高で最高値 ナスダックとS&P500も最高値

2019/7/4 5:01
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸した。この日の高値となる前日比179ドル32セント(0.7%)高の2万6966ドル00セントと2018年10月3日に付けた過去最高値を9カ月ぶりに更新した。市場予想を下回る民間の雇用指標を受けて米利下げ観測が高まり、幅広い銘柄に買いが優勢になった。

ナスダック総合株価指数は6日続伸し、同61.139ポイント(0.8%)高の8170.231と5月3日以来2カ月ぶりに過去最高値を更新した。フェイスブックなど主力株が軒並み上げた。半導体のブロードコムへの身売り報道が出たセキュリティーソフトのシマンテックが急伸し、ソフトウエア関連株全般に買いが広がった。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は5日続伸し、3日続けて過去最高値を付けた。

6月のADP全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は前月比10万2000人増と市場予想ほど増えなかった。米労働省が5日に発表する雇用統計も米雇用減速を示せば、米連邦準備理事会(FRB)が利下げに動きやすくなるとの見方を誘った。

トランプ米大統領は2日、FRB理事に選挙陣営元幹部のジュディ・シェルトン氏ら金融緩和に前向きとされる2人を指名すると発表した。前日には欧州連合(EU)が欧州中央銀行(ECB)の次期総裁に金融緩和を支持してきたラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事を指名した。主要中銀による緩和的な金融政策が続くとの思惑も強まった。

景気動向に業績が左右されにくい「不動産」や「公益事業」などディフェンシブ株を中心に幅広い銘柄に買いが優勢となった。ダウ平均の構成銘柄では日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)やネットワーク機器のシスコシステムズの上げが目立った。

3日は独立記念日の祝日の前日で株式市場は午後1時までの短縮取引だった。休暇を取る市場関係者が多く薄商いで、値動きが大きくなりやすかったとの指摘があった。主な株価指数は取引終了にかけて上げ幅を広げ、高値圏で終えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。