2019年7月23日(火)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,610.42 +193.63
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,570 +210

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ3日ぶり反発 101ドル高で1カ月ぶり高値、米利下げ観測支え

2019/6/14 5:29
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】13日の米株式相場は3日ぶりに反発し、ダウ工業株30種平均は前日比101ドル94セント(0.4%)高の2万6106ドル77セントと5月6日以来、ほぼ1カ月ぶりの高値で終えた。原油先物相場の上昇で石油株が買われた。早期の米利下げ観測を背景に、株式市場に資金が流入しやすい地合いが続くとの見方も引き続き相場の支えになった。

中東産の原油を世界に向けて出荷する海上輸送の要衝であるホルムズ海峡近くのオマーン湾で日本時間13日に石油タンカー2隻が攻撃を受け炎上した。米原油先物相場が一時4%強上昇し、エクソンモービルやシェブロンなど石油株に買いが先行した。ダウ平均の上げ幅は朝方に一時142ドルを超えた。

朝方発表の5月の米輸入物価指数が前月比で5カ月ぶりに低下した。5月の米消費者物価指数(CPI)も低調と受けとめられており、低インフレを背景に米連邦準備理事会(FRB)が早期に利下げに動きやすくなるとの見方が広がった。米長期金利も低下基調で、投資指標面で割安感が意識されたハイテク株に買いが入りやすかった。

相場は伸び悩む場面があった。米中の貿易摩擦の長期化で、世界景気が減速するとの警戒感が引き続き相場の重荷だった。原油先物相場の伸び悩みも上値を抑えた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比44.410ポイント(0.6%)高の7837.130と5月16日以来約1カ月ぶりの高値で終えた。グーグルの持ち株会社アルファベットやフェイスブックなど主力ハイテク株が上昇した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。