/

米国株、ダウ反発し389ドル高 ハイテク株持ち直しを好感

【NQNニューヨーク=森田理恵】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比389ドル17セント(1.6%)高の2万4033ドル36セントで終えた。前日にハイテク株主導で急落した反動で、自律反発を見込んだ買いが優勢だった。このところ下げがきつかったアマゾン・ドット・コムが買われ、市場心理の改善につながった。一時は上げ幅を400ドル近くに広げた。

トランプ大統領が配送料金の安さや税金未払いなどでアマゾンへの批判を強めていたことに関連し、一部報道をきっかけにホワイトハウスはアマゾンへの調査や規制を検討していないとの観測が浮上した。アマゾンが1.5%超上げ、大型ハイテク株全般が買い直された。

前日はハイテク株の急落や米中貿易摩擦への警戒感が投資家心理を冷やし、ダウ平均は458ドル下げた。短期的に売られすぎたとの見方から、3日は「打診買いが入った」との声もあった。

原油高でシェブロンなど石油株が買われたことも相場の追い風だった。ダウ平均の構成銘柄では米中貿易摩擦への警戒から前日に売られた航空機のボーイングが持ち直し、医療保険のユナイテッドヘルス・グループやジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)などヘルスケア関連株の上げも目立った。

ゼネラル・モーターズ(GM)など自動車大手が発表した3月の新車販売台数が軒並み市場予想を上回ったことも、投資家心理を好転させた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前日比71.163ポイント(1.0%)高い6941.282で終えた。

業種別S&P500種株価指数は全11業種が上昇した。「エネルギー」「ヘルスケア」「素材」が大幅に上げた。

3日に上場した音楽配信サービス大手スポティファイ(スウェーデン)の親会社、スポティファイ・テクノロジーは149.95ドルで初日の取引を終えた。ニューヨーク取引所が事前に公表した参考価格(132ドル)を14%上回ったが、初値(165.90ドル)からは下げた。

電気自動車(EV)テスラが急伸した。朝方に量産車「モデル3」の生産台数が過去7日間で2000台超に加速したと発表。年内は新規の資金調達の必要はないとも明らかにし、財務悪化への警戒が後退した。GPU(画像処理半導体)のエヌビディアはバンクオブアメリカ・メリルリンチが最上位の投資対象リストに加えたと伝わり、上昇した。

米メディア大手のバイアコムは大幅安。前日夕に同業のCBSが現在の企業価値を下回る価格で買収を計画していると伝わった。ゼネラル・エレクトリック(GE)はアナリストによる目標株価の引き下げを嫌気し、下げる場面が目立った。

ダウ平均銘柄ではIBMが下落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン