/

米国株、ダウ続伸し165ドル高 1カ月半ぶり2万7000ドル台 コロナワクチンの開発期待で

【NQNニューヨーク=戸部実華】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸した。前日比165ドル44セント(0.6%)高の2万7005ドル84セントで終えた。2万7000ドル台に乗せるのは6月9日以来、1カ月半ぶり。米製薬のファイザーが臨床試験に成功すれば米政府からコロナワクチンを大量受注すると発表し、実用化への期待が高まった。ただ、米中対立への懸念が重荷となり、相場は伸び悩む場面もあった。

ファイザーは22日、独製薬ベンチャーと開発中のワクチンの安全性と有効性が確認された場合、米政府は19億5000万ドルを支払い1億本を調達すると発表した。最大5億本を追加購入する可能性もあるという。

米政府はワクチンを無料投与する計画で、経済の正常化を後押しするとの見方が強まった。建機のキャタピラーや化学のダウなど業績が景気に左右されやすい銘柄への買いにつながった。外食のマクドナルドやホームセンターのホーム・デポなど消費関連も高い。

午後に与党・共和党の議員が7月末で期限が切れる失業給付の増額分を減らすが、期間を年末まで延ばす方針で検討していると伝わった。経済対策が景気を下支えするとの期待につながり、ダウ平均は取引終了にかけて上げ幅を広げた。

取引終了後に決算発表を控えていたソフトウエアのマイクロソフトには、業績期待から先回りの買いが入った。

ダウ平均は伸び悩む場面もあった。米国務省報道官は22日、ヒューストン市にある中国総領事館の閉鎖を指示したと発表した。ロイター通信は同日、対抗措置として中国も武漢市にある米総領事館の閉鎖命令を検討していると伝えた。米中関係が一段と悪化するとの懸念が強まった。米国のコロナ感染者数の高止まりも市場心理の重荷となった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前日比25.76ポイント(0.2%)高の1万0706.13で終えた。半導体の一角やスマートフォンのアップルが上昇した。一方、通販のアマゾン・ドット・コムやSNS(交流サイト)のフェイスブックは売られ、指数の上値を抑えた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン