最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,429.47 +132.61
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,420 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

[映像あり]

Abalance 光行 康明社長

2020年11月25日

東京都、28日から時短営業要請へ 飲食店など3週間メド [映像あり]

官房長官、尖閣巡り懸念伝達中国外相と会談

2020年11月25日

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ続伸し89ドル高 ハイテク株がけん引、防衛株も上昇

2017/5/23 5:29
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=神能淳志】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸した。終値は前週末比89ドル99セント(0.4%)高の2万0894ドル83セントだった。前週半ばに急落した後の株式相場が底堅く推移し、市場心理は落ち着きを取り戻した。高成長が期待できるハイテク株を中心に買いが優勢だった。

22日、ニューヨーク証券取引所=ロイター

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も3日続伸し、前週末比49.915ポイント(0.8%)高の6133.618で終えた。アマゾン・ドット・コムが約1週間ぶりに上場来高値を更新。アップル、グーグルの持ち株会社アルファベットなど成長期待の高い主力株が軒並み買われ、相場全体を押し上げた。

トランプ米大統領は20日、就任後初の外遊で訪問したサウジアラビアに対し、1100億ドル(約12兆円)の兵器を売却することで合意した。兵器輸出で恩恵を受けるとして、ボーイングやロッキード・マーチンといった防衛関連株が買われた。米原油相場が約1カ月ぶりの高値を付け、石油株が上昇した午前中には、ダウ平均は上げ幅を一時109ドルまで広げた。

業種別S&P500種株価指数は全11業種のうち10業種が上昇した。「IT(情報技術)」「公益事業」「資本財・サービス」の上げが目立った。石油株は午後に入ると利益確定売りに押され「エネルギー」は下落して終えた。

自動車大手のフォード・モーターが高い。取引開始前にマーク・フィールズ最高経営責任者(CEO)が退任すると発表し、経営陣交代で業績改善に向けた取り組みが進むとの期待から買われた。ダウ平均を構成する30銘柄ではボーイングのほか、工業製品・事務用品のスリーエム(3M)や医療保険のユナイテッドヘルス・グループなどが上昇した。

一方、バイオ製薬のアムジェンが安い。開発中の骨粗しょう症治療薬について年内は米当局の承認が見込めないと発表したのを嫌気した売りが広がった。スイス特殊化学大手のクラリアントとの合併を発表した化学のハンツマンが下落。ダウ平均構成銘柄では製薬のファイザーや化学のデュポンが売られた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム