/

米国株、ダウ続落し602ドル安 アップル大幅安、ハイテク株売りに波及

【NQNニューヨーク=古江敦子】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続落した。前週末比602ドル12セント(2.3%)安の2万5387ドル18セントで終えた。アップルが大幅に下落し、ハイテク株に売りが広がった。マレーシアの政府系ファンドの資金流用に関与したとしてゴールドマン・サックスが大幅に下げ、指数を押し下げた。

アップルに顔認証センサーを供給する米ルメンタム・ホールディングスが「大口顧客から出荷を大幅に減らすよう要請を受けた」として、2018年10~12月期の業績見通しを下方修正した。大口顧客はアップルを指すとみられ「iPhone(アイフォーン)」の新モデルの販売不振が警戒された。

アップルが5%強下げ、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コム、アルファベット(グーグル)など主要ハイテク株にも売りが波及した。アマゾンは4%強下げた。

ゴールドマンは7%強下落した。マレーシアの政府系ファンドによる巨額の資金流用にロイド・ブランクファイン前最高経営責任者(CEO)が関与した疑いが取り沙汰され、業績への影響が懸念された。アップルとゴールドマンの2銘柄でダウ平均を180ドル強押し下げた。

米原油先物が11日続落したのを受け、石油株に売りが出て相場の重荷になった面もあった。取引終了直前に株式相場は下げ幅を一段と広げた。米政府が13日にも自動車関税について協議する見込みと伝わり、投資家が運用リスクを回避する目的の売りを出した。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落し、前週末比206.033ポイント(2.8%)安の7200.869と10月30日以来の安値で終了した。エヌビディアやインテルなど半導体株の下げが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン