/

米国株、ダウ7日続伸 1カ月半ぶり高値 米中対立が和らぐとの期待で

【NQNニューヨーク=横内理恵】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は7日続伸し、前日比45ドル41セント(0.2%)高の2万7182ドル45セントと7月30日以来、約1カ月半ぶりの高値で終えた。7日続伸は2018年5月の8日続伸以来、1年4カ月ぶりの連続上昇記録。貿易問題における米中対立が和らぐとの観測が買いを誘った。欧州中央銀行(ECB)の金融緩和の決定も好感された。

米中対立の緩和を期待させる材料が前日から相次いだ。トランプ米大統領が11日夜、2500億ドル分の中国製品への関税を30%に引き上げる制裁の発動を10月15日まで2週間先送りすると発表した。10月1日の建国70周年の祝賀ムードに水を差すことなどを懸念した中国の劉鶴副首相から要請があったという。

12日には中国政府が米国産農産物の輸入手続きの再開を表明した。11日にも潤滑油など一部の米国製品を報復関税の対象から除外することを決めたばかり。10月に開く閣僚級の貿易協議に向け、米中が歩み寄るとの期待が一段と強まった。

米ブルームバーグ通信が12日午前、トランプ米政権が中国との暫定的な貿易合意を検討しているなどと報じた。直後に政府関係者が同報道を否定したと伝わったものの、貿易協議が進展するとの見方は変わらなかった。

ECBは12日の理事会で利下げと量的金融緩和の再開を決めた。市場には量的緩和は先送りするとの予想もあったため、欧州景気の減速に先手を打ったとして好感された。金融緩和が株式市場への資金流入を促すとの見方も投資家心理を支えた。

ダウ平均は一時169ドル高まで上昇した。クレジットカード大手ビザや保険のトラベラーズなど幅広い銘柄が上昇した。業種別では「素材」「金融」「一般消費財・サービス」など景気敏感株の上げが目立った。

引けにかけては伸び悩んだ。ダウ平均は7月15日に付けた過去最高値(2万7359ドル)が迫る。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も過去最高値に近づいている。高値警戒感から、持ち高調整の売りも出やすい。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、同24.789ポイント(0.3%)高の8194.467と7月30日以来の高値で終えた。アルファベットやアマゾン・ドット・コムなど主力ハイテク株の一角が買われた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン