2019年2月20日(水)

2/20 8:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,302.65 +20.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 ±0

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発で372ドル高 2カ月ぶり高値、政府閉鎖の回避観測で

国際・アジア
2019/2/13 6:15
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前日比372ドル65セント(1.5%)高の2万5425ドル76セントと昨年12月3日以来ほぼ2カ月ぶりの高値で終えた。米政府機関の再閉鎖が回避できるとの観測が広がったうえ、11日から次官級協議が始まった米中の貿易交渉が進展しているとの期待も相場を押し上げた。

米与野党指導部が11日夜、政府閉鎖の再発回避に向けた新予算の暫定案で基本合意した。13億7500万ドルを投じメキシコとの国境沿いにフェンスを新設する。トランプ米大統領が求めていた57億ドルを下回るが、トランプ氏は12日、「政府閉鎖は起きないだろう」と述べた。15日に迫った現行予算の期限切れ前に政府閉鎖が回避できるとの期待から、幅広い銘柄が買われた。

大統領上級顧問のケリーアン・コンウェイ氏は11日、FOXテレビで「トランプ氏は中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席に会いたがっている」と発言した。米ブルームバーグ通信は米側の関係者の話として3月1日の米中貿易協議の期限を延長し、中国製品に対する関税引き上げを先送りする可能性が高いと伝えた。

米中交渉が進展しているとの期待から、建機のキャタピラーや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)、航空機のボーイングなど中国への収益依存度の高い銘柄に買いが膨らんだ。3銘柄でダウ平均を110ドル近く押し上げた。商品先物市場で原油や天然ガスなど資源価格が上昇した。収益悪化懸念が後退し、エクソンモービルやシェブロンなどエネルギー関連株に買いが入ったのも相場の追い風になった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、106.714ポイント(1.5%)高の7414.619と昨年12月3日以来ほぼ2カ月ぶりの高値で終えた。アマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグル)、ネットフリックスなど主力株が軒並み買われた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム