/

米国株、ダウ続伸 59ドル高 ワクチン普及や経済対策期待で

【NQNニューヨーク=横内理恵】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比59ドル87セント(0.2%)高の2万9883ドル79セントで終えた。新型コロナウイルスのワクチン実用化が世界経済の正常化を後押しするとの見方から景気敏感株が買われた。追加の経済対策を巡る与野党協議が進展するとの期待も相場を支えた。

英政府は2日、米製薬ファイザーなどが開発する新型コロナワクチンの使用を承認したと発表した。米国ではニューヨーク州のクオモ知事が2日、ファイザーのワクチンが承認された場合、15日には17万人分以上を受け取ると発表した。ワクチン普及が順調に進むとの見方が強まり、航空機のボーイングや石油のシェブロン、映画・娯楽のウォルト・ディズニーなど景気敏感株に買いが入った。

追加の経済対策について民主党のペロシ下院議長が2日、共和党のマコネル院内総務に対し、1日に米民主・共和両党の超党派議員が発表した約9000億ドル規模の案をたたき台として議論を始めるよう要請したと伝わった。ペロシ氏とムニューシン米財務長官が1日に交渉を再開したとも報じられ、協議進展期待も投資家心理を支えた。

主要株価指数は過去最高値圏にあることから利益確定売りが先行し、朝方にダウ平均は200ドル超下げる場面があった。ソフトウエアのマイクロソフトなどハイテク株の一角が下げ、相場の上値を抑えた。1日夕にビジネス対話アプリのスラック・テクノロジーズを買収すると発表した顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコムは大幅安となり、指数の重荷となった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に反落し、前日比5.740ポイント安の1万2349.366で終えた。割安な景気敏感株を買って、今年に入って上昇が大きかったハイテク株を売る選別物色の動きがみられた。電気自動車(EV)のテスラなどの下げが目立った。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は続伸し、前日比6.56ポイント高の3669.01と連日で過去最高値を更新した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン