/

米国株、ダウ続伸81ドル高 7営業日ぶり最高値、FRB議長人事を好感

【NQNニューヨーク=戸部実華】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸した。前日比81ドル25セント(0.3%)高の2万3516ドル26セントと、7営業日ぶりに過去最高値を更新した。米企業の業績期待や米連邦準備理事会(FRB)の次期議長発表を受けた買いが相場を支えた。

トランプ米大統領は2日午後、来年2月に任期が切れるイエレンFRB議長の後任にパウエルFRB理事を指名した。パウエル氏は金融政策でイエレン議長と考えが近いとみられている。現行の緩やかなペースでの利上げや金融政策の正常化が進むとの見方が広がった。パウエル氏の指名は株式相場に好材料とみなされ、買いを誘った。

良好な米景気を示す指標も相場を後押しした。2日朝に発表された週間の米新規失業保険申請件数は、22万9000件と市場予想に反して前週から減少した。7~9月期の米労働生産性指数は前期比年率3%上昇と市場予想以上に改善した。

米下院共和党は2日、税制改革案を提示した。焦点となる法人税率は現在の35%から20%へ大幅に引き下げ恒久措置とする。法案が可決されるかは不透明との見方も多く、相場を方向付ける材料にはならなかった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に続落した。前日比1.590ポイント安の6714.943で終えた。交流サイト(SNS)のフェイスブックが売られた。前日夕に好決算を発表したが、不法な広告や投稿への対策費用が膨らむとの懸念が浮上した。アマゾン・ドット・コムも下落し、指数の重荷となった。

業種別S&P500種株価指数(全11業種)では「不動産」「金融」「資本財・サービス」など5業種が上昇した。一方「電気通信サービス」「一般消費財・サービス」は下落した。

決算が市場予想を上回り、運営する「ケンタッキー・フライド・チキン」などの既存店売上高が伸びた外食のヤム・ブランズが高かった。決算が市場予想を上回った衣料のラルフローレンも買われた。

ダウ平均の構成銘柄では、航空機のボーイング、航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズ、金融のゴールドマン・サックスが高かった。

一方、決算で売上高や1株利益が市場予想を下回ったうえ、通期の業績見通しも下方修正した日用品のニューウェル・ブランズが大幅安。前日夕に発表した決算が最終赤字に転落したうえ、新型量産車の生産台数の目標達成が遅れる見通しを示した電気自動車のテスラも安かった。

ダウ平均の構成銘柄では、決算と併せて人員削減を含むリストラ計画を発表した化学のダウ・デュポンが売られた。ホームセンターのホーム・デポ、IT(情報技術)機器のシスコシステムズも安かった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン