8/4 7:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,195.38 +485.38
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,090 +330

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ続伸し330ドル高 最高値更新 中国金融緩和で景気期待

2020/1/3 6:24
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】2020年最初の取引である2日の米株式相場は続伸した。ダウ工業株30種平均は前営業日の19年12月31日に比べ330ドル36セント(1.2%)高の2万8868ドル80セントとこの日の高値圏で終え、過去最高値を更新した。中国が1日に金融緩和策を発表した。同国景気が持ち直し、世界景気の回復を促すとの見方から買いが集まった。

ダウ平均の上げ幅は12月6日以来ほぼ1カ月ぶりの大きさだった。

中国人民銀行(中央銀行)は1日、市中銀行から強制的に預かるお金の比率を示す「預金準備率」を6日から0.5%引き下げると発表した。流動性を高めて民間企業の資金繰り悪化を和らげ、景気を下支えする狙いとみられる。米中貿易交渉の第1段階合意の署名式を15日に控え投資家心理が楽観に傾いていることもあり、幅広い銘柄に買いが入った。

調査会社IHSマークイットが2日発表した19年12月のユーロ圏の製造業購買担当者景気指数(PMI)確報値が一部の市場予想を上回ったのも世界景気の回復期待を後押しした。市場では「年初で新規の投資資金が流入し始め、相場を押し上げた」(ニューブリッジ・セキュリティーズのドナルド・セルキン氏)との指摘があった。

スマートフォンのアップルとソフトウエアのマイクロソフトが上場来高値をつけた。アナリストが20年の動画配信サービスの契約者数予想を引き上げたと伝わった映画・娯楽のウォルト・ディズニーが高い。景気動向に業績が影響を受けやすい金融やエネルギー、資本財銘柄の上げも目立った。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は前営業日比119.585ポイント(1.3%)高の9092.189と過去最高値をつけた。アマゾン・ドット・コムや交流サイトのフェイスブックなど主力ハイテク株が総じて上げた。アナリストが目標株価を引き上げたアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)など半導体株も上昇し、同指数を押し上げた。

多くの機関投資家が運用の参考指標に据えるS&P500種株価指数も過去最高値を更新した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム