最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,141.55 -178.32
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,120 -180

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ続落し122ドル安 利下げ観測後退が重荷

2019/5/3 5:28
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落した。前日比122ドル35セント(0.5%)安の2万6307ドル79セントで終えた。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見を受け、米利下げ観測が後退した。株式市場への資金流入が細るとの見方からハイテク株など幅広い銘柄に売りが出た。

パウエルFRB議長は記者会見で足元の低インフレは「一時的」と指摘し、利下げ観測を否定した。金融緩和期待が相場上昇を支えていたため「ひとまず持ち高調整の売りが出た」(シーミス・トレーディングのマーク・ケプナー氏)という。ダウ平均は一時250ドル近く下落した。

債券市場では米長期金利が上昇し、年初から大幅に上げてきたハイテク銘柄に割高感が意識された。マイクロソフトやアップル、アマゾン・ドット・コムなど主力株が総じて下落した。

米原油先物相場が米国の在庫増などを背景に約1カ月ぶりの安値を付け、エクソンモービルなど石油株が下落した。2日発表の2019年1~3月期決算が振るわなかった化学大手ダウが下げ、素材株に売りが広がったのも相場の重荷だった。

米中貿易交渉の不透明感が売りを誘ったとの指摘もあった。米中政府は1日に北京での閣僚級協議を終え、8日からはワシントンで交渉を再開する。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが1日夕、「米国の要求する包括的な合意に至らない可能性がある」と報じ、警戒感が出たという。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落し、前日比12.868ポイント(0.2%)安の8036.772で終了した。主力銘柄の下げが指数を押し下げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム