最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

NYダウ続伸、終値10ドル高 連日で最高値

2019/11/12 6:21
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に3日続伸した。前週末比10ドル25セント高の2万7691ドル49セントで終え、連日で過去最高値を更新した。香港情勢への警戒感から、売りが先行したものの、航空機のボーイングなど個別に材料が出た銘柄が買われ、指数を押し上げた。

ボーイングとドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスの2銘柄でダウ平均を大きく押し上げた。ボーイングは2度の墜落事故を起こした主力小型機「737MAX」の出荷を12月にも再開する見込みと発表し、業績が一段と悪化することへの懸念がやや後退した。

ウォルグリーンズについては、ブルームバーグ通信が11日に「投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が正式にバイアウト(買収)を提案した」と報じた。協議の進展を材料視した買いが入った。アップルは過去最高値を更新した。

朝方は163ドル安となる場面もあった。11日朝に香港で警察が「逃亡犯条例」の改正案をきっかけとする抗議活動を展開するデモ隊に対して実弾を発砲したと伝わった。香港中心部などで抗議活動が拡大し、香港情勢の悪化を嫌気した売りが出た。

ロイター通信によるとトランプ米大統領は9日、対中制裁関税の撤廃に関して誤った報道があるとし「撤廃の水準は正しくない」と発言した。米中貿易協議の不透明感が高まり、工業製品・事務用品のスリーエムなど中国関連銘柄には売りが出た。

11日はベテランズ・デーの祝日で債券・為替市場は休場だった。株式市場の参加者も通常に比べて少なかったとみられる。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反落した。前週末比11.035ポイント(0.1%)安の8464.277で終えた。香港情勢の悪化を受け、前週まで上昇が目立っていた銘柄には売りが出た。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム