2018年11月19日(月)

11/19 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日産自株、私設取引で3%安 東京地検特捜部がゴーン会長を事情聴取との報道[有料会員限定]
  2. 2位: RIZAP、「負ののれん」営業利益の6割に[有料会員限定]
  3. 3位: クジラが買う脱炭素銘柄 弱気相場の支え期待[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 3日ぶり反発、米中摩擦への不安一服
  5. 5位: 落日GE、もろ刃の効率経営(一目均衡)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,821.16 +140.82
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,840 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月19日(月)14:18

官房長官「米中の動向注視」 APEC首脳宣言断念で[映像あり]

日銀 決済機構局長に金融機構局審議役の木村武氏

11月19日(月)13:01

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発し113ドル高 アップルなど個別株物色がけん引

2018/9/12 5:29
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比113ドル99セント(0.4%)高の2万5971ドル06セントで終えた。新製品の発表を控えたアップルが大幅に上昇。このところ軟調だった主力ハイテク株も持ち直し、相場を押し上げた。航空機のボーイングが上げたほか、原油高でエネルギー株が買われたのも相場上昇に寄与した。ダウ平均は一時160ドル超上昇した。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)=ロイター

アップルが買われ、1銘柄でダウ平均を37ドルあまり押し上げた。12日に発表する主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」など新製品への期待が高い。11日はUBSが目標株価を引き上げたことも材料視され、買いが膨らんだ。

ボーイングは8月末までの旅客機の受注・出荷実績を明らかにし、出荷台数が7月から大幅に伸びたことなどが買い材料視された。ホームセンターのホーム・デポはハリケーン後の復興需要に期待した買いが入り、過去1年の高値を付けた。

アナリストが投資判断と目標株価を引き上げたスポーツ用品のナイキも上昇。市場では「米中の貿易摩擦を巡る先行き不透明感が意識されており、個別に材料が出た銘柄への物色が強まり相場を押し上げた」(ニューブリッジ・セキュリティーズのドナルド・セルキン氏)との指摘があった。

貿易摩擦への警戒のほか、11日は先行した上海や香港の株安も嫌気され、ダウ平均は朝方に100ドル超下げる場面があった。半導体需給の悪化観測からアナリストが関連株の調整局面入りを予想したと伝わり、半導体株が軒並み安。ダウ平均を構成するインテルも下げ、指数の重荷となった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比48.314ポイント(0.6%)高の7972.474で終えた。アップルへの買いがアマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグル)、フェイスブックなど主力ハイテク株全般に波及した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム