2018年8月20日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,228.36 -42.02
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,250 -10

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ続落で144ドル安 IT株安で心理悪化、ナスダック3週ぶり安値

2018/7/31 5:20
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前週末比144ドル23セント(0.6%)安の2万5306ドル83セントで終えた。主力のIT(情報技術)関連株に売りが膨らみ、投資家心理が悪化した。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが売られたのも指数の重荷になった。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)=AP

 相場上昇をけん引してきたフェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、アルファベット(グーグル)の「FANG」が軒並み下げた。2018年4~6月期決算が成長鈍化の懸念を誘ったネットフリックスとフェイスブックが下げ止まらず、ほかの2銘柄にも売りが波及した。

 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が中小企業などの海外決済の為替レートを顧客に無断で変更していたと報じたのを受けアメックス株が下落。同業のビザも連れ安し、2銘柄でダウ平均を49ドル超押し下げた。

 一方、米長期金利の指標である10年物国債利回りが上昇(価格は下落)し、利ざや悪化への懸念が後退した銀行株は買われた。JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックスが買われダウ平均を下支えした。原油先物相場の上昇を受け、石油のシェブロンが上げたのも支えになった。

 朝方発表の6月の仮契約住宅販売指数は前月比0.9%上昇した。上昇は3カ月ぶりで横ばいを見込んでいた市場予想を上回った。KBホームやDRホートンなど住宅関連株に買いが先行したが、相場全体の下落を受けて安く終えた。

 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落し、107.414ポイント(1.4%)安の7630.005と5日以来ほぼ3週間半ぶりの安値で終えた。FANGの下落を受け主力IT株全般に売りが広がったうえ、アメックス株の下落を受け決済サービスのスクエアやペイパル・ホールディングスにも売りが波及した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム