/

米国株、ダウ続落し551ドル安 年初来で再びマイナス、世界景気に懸念

【NQNニューヨーク=川内資子】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大きく続落し、前日比551ドル80セント(2.2%)安の2万4465ドル64セントと10月29日以来ほぼ3週ぶりの安値で終えた。年初来の騰落率で再びマイナスに転じた。世界経済の減速懸念などから投資家心理が冷え込み、ダウ平均の下げ幅は一時648ドル安に達した。

新型「iPhone(アイフォーン)」の販売不振への懸念が根強いアップル株への売りが続き、同社株は約5%下落。ネットフリックスや半導体のマイクロン・テクノロジーなど、主力のハイテク株が幅広く売られた。

四半期決算で既存店売上高が市場予想ほど伸びなかったディスカウントストアのターゲットが急落。見通しが市場予想に届かなかった同業のTJXなど小売株が軒並み売られ、米景気の不透明感を誘った。

原油先物相場の下落を嫌気し、エクソンモービルなど石油株が大きく下落。利ざや縮小の思惑からゴールドマン・サックスなど金融株も下げた。ダウ平均は構成する全30銘柄が下げた。

投資家心理を測る指標とされる米株の変動性指数(VIX)は前日比12%上昇。不安心理が高まった状態とされる20を上回った。

ナスダック総合株価指数は同119.654ポイント(1.7%)安の6908.823と節目の7000を下回り、ほぼ7カ月半ぶりの安値で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン