2018年9月21日(金)

9/21 17:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,869.93 +195.00
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,750 +290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

9月21日(金)14:18

金融相 仮想通貨の不正流出 「甚だ遺憾」[映像あり]

24日に日米貿易協議 茂木氏とライトハイザー氏

9月21日(金)13:06

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ続落し6ドル安  米中摩擦が重荷 マイクロソフト高値

2018/7/21 5:22
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続落し、前日比6ドル38セント安の2万5058ドル12セントで終えた。米中貿易摩擦への警戒が重荷となった一方、主要企業の2018年4~6月期決算への期待が相場を下支えした。週末でもあり相場に明確な方向感は出なかった。

ニューヨーク証券取引所=AP

 トランプ米大統領が20日朝放送の米CNBCのインタビューで、年5000億ドル強の中国からの輸入品すべてに関税を課す準備をしていると表明した。米中貿易摩擦への警戒感から株売りが先行し、ダウ平均は寄り付き直後に一時78ドル下落した。

 ただ、ダウ平均は小幅高に転じる場面もあった。マイクロソフトが上場来高値を更新し、指数を押し上げた。前日夕発表の18年4~6月期決算が市場予想を上回り、20日はアナリストによる目標株価の引き上げが相次いだ。

 20日は機械のハネウェル・インターナショナルも4~6月期決算が市場予想を上回り、株価が大きく上げた。主力企業の業績拡大が続いているとの見方が次第に投資家心理の悪化を和らげた。米長期金利が上昇し、ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど銀行株が買われたことも相場の支えだった。

 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落し、前日比5.098ポイント(0.1%)安の7820.198で終えた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム