2019年6月17日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,124.00 +7.11
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,070 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

川内原発の設置許可取り消し認めず 福岡地裁判決[映像あり]

JICA イラク製油所に1100億円支援

6月17日(月)13:00

トップに聞く[映像あり]

クボタ 社長 木股 昌俊

6月17日(月)09:50

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ3日続伸し38ドル高 好決算銘柄に買い ナスダック指数は反落

2019/5/1 5:28
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】4月30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比38ドル52セント(0.1%)高の2万6592ドル91セントで終えた。製薬のファイザーやメルクなど好決算を発表した銘柄を中心に買いが優勢となった。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)など週内に重要日程を控えて買いを見送るムードも強く、ダウ平均は100ドル超下げる場面もあった。

ファイザーとメルクが30日発表した2019年1~3月期決算はともに市場予想を上回る増収増益だった。シェブロンの上昇もダウ平均を支えた。石油会社のオキシデンタル・ペトロリアムが同業アナダルコの買収に向け、バークシャー・ハザウェイから資金支援を受けると発表した。アナダルコに買収を提案しているシェブロンが買収を断念し、財務負担がなくなるとの思惑が出た。

5月1日にはFOMCの結果、3日には4月の雇用統計が発表される。重要イベントの結果を見極めたいムードが強く、相場の上値は重かった。

前日夕に発表した低調な決算が嫌気され、アルファベット(グーグル)が7.5%安と大幅に下げた。これを受け、30日の引け後に決算を発表するアップルにも売りが広がった。米医療保険制度を巡る不透明感からユナイテッドヘルス・グループなどヘルスケア株の一部が売られたのも相場の重荷だった。ダウ平均は一時134ドル安まで下げる場面があった。

ナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落し、同66.465ポイント(0.8%)安の8095.388で終えた。一方、多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は小幅に3日続伸し、3日連続で過去最高値を更新した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム