最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ小反落し19ドル安 FOMC結果発表を控え様子見強く

2019/10/30 5:20
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに小反落し19ドル30セント(0.1%)安の2万7071ドル42セントで終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を30日に控えて様子見姿勢が強く、前日終値を挟んでもみ合う場面が続いた。28日夕に発表した決算で1株利益が市場予想を下回ったアルファベットが売られたのを機に、このところ上げが続いたハイテク株全般に利益確定売りが広がり、相場の重荷となった。

FOMCでは3会合連続の利下げ決定が確実視されている。今回で「予防的利下げ」はひとまず打ち止めとの観測が徐々に広がるなか、声明や会合後のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の会見で金融政策の先行きをどう示すのか注目されている。

市場には「(金融引き締めに前向きな)タカ派寄りのメッセージになる」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)との予想もある。内容を見極めたいとして、買い手控えにつながった。

アップルが2%強、アマゾン・ドット・コムとマイクロソフトが1%前後下げるなどハイテク株に売りが広がった。アルファベットが前日発表した決算が市場予想に届かず、ハイテク株の利益確定売りを促す材料になった。アルファベットは2%強下げた。

ただ、相場の下値は堅かった。29日に発表した2019年7~9月期決算が市場予想を上回ったうえ、通期見通しも上方修正した製薬のメルクとファイザーがともに買われて相場を支えた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落し、前日比49.135ポイント(0.6%)安の8276.851で終えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム