11/12 12:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,363.41 +31.57
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,360 +60

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発し107ドル高 指標改善を好感、金融株が高い

2016/8/30 5:29
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前週末比107ドル59セント(0.6%)高の1万8502ドル99セントで終えた。7月の個人消費支出(PCE)など指標の改善を好感し、業績が景気動向に左右されやすい銘柄を中心に買いが優勢となった。

7月のPCEと個人所得はともに前月比で増えた。米連邦準備理事会(FRB)が物価指標として重視するPCEデフレーターのうち、エネルギー・食品を除くコア指数は前年同月比で1.6%上昇した。米景気や物価の回復基調は続いているとの見方から買いが入った。

イエレンFRB議長ら金融当局者による前週末の発言を受けて、目先の利上げ観測が高まっている。利上げにより株式市場への資金流入が減るとの警戒感は根強いが、この日は利上げが収益拡大につながるとの思惑から金融株が軒並み買われ相場を押し上げた。

ダウ平均は前週末までに3日続落していたため、短期的な戻りを見込んだ買いも入った。

ナスダック総合株価指数は続伸し、同13.411ポイント(0.3%)高の5232.328で終えた。

業種別S&P500種株価指数は全10種が上昇した。「金融」や「素材」、「公益事業」の上げが大きかった。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約6億6000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約14億株だった。

アレルギー薬の後発薬を発売すると発表した製薬のマイランが買われた。業績見通しの据え置きを発表した機械・航空機関連のユナイテッド・テクノロジーズが高い。著名投資家カール・アイカーン氏による株式の追加取得が伝わった健康食品のハーバライフが大幅高となった。

化学のデュポンや保険のトラベラーズ、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスなどが高い。

一方、アップルは安い。アイルランドによるアップルへの税優遇に関して、欧州連合(EU)が近く違法の判断を示すと伝わったのが嫌気された。高コレステロール治療薬の治験で良好な結果が出たと発表した製薬のリジェネロン・ファーマシューティカルズが売られた。

ダウ平均ではスポーツ用品のナイキや映画・娯楽のウォルト・ディズニーが下げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム