最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,902.36 -43.14
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,860 -90

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発580ドル高 景気敏感株に買い

2020/6/30 5:27
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。前週末比580ドル25セント(2.3%)高の2万5595ドル80セントで終えた。主力小型機の運航再開の思惑で航空機のボーイングが急伸し、指数を押し上げた。市場予想を上回る米経済指標の発表を受け、新型コロナウイルスの感染再拡大にも関わらず景気持ち直しが続くとの見方が強まり、景気敏感株を中心に買いが広がった。

米連邦航空局(FAA)は29日、運航停止中のボーイングの主力小型機「737MAX」の試験飛行を今週に始めると明らかにした。運航再開が認められれば業績を下支えするとの期待が高まった。ボーイング株は14%強上げ、1銘柄でダウ平均を160ドルあまり押し上げた。

全米不動産業者協会(NAR)が29日発表した5月の仮契約住宅販売指数は前月比44.3%上昇と市場予想(15%上昇)を大幅に上回った。ダラス連銀製造業景況指数もマイナス6.1と前月から大幅に改善し、市場予想も上回った。「景気のV字回復の兆し」(エバコアISI)と受け止められ、米景気への警戒がやや後退した。

資本財株や旅行・レジャー株など景気敏感とされる銘柄が幅広く買われた。スマートフォンのアップル株の上昇もダウ平均を押し上げた。

ダウ平均は午前中に伸び悩み、上げ幅は100ドルを下回る場面もあった。米ジョンズ・ホプキンス大学の調べでは世界の感染者数は1017万人を超えた。米国の1日あたりの新規感染者数も連日で過去高水準が続いている。米経済の正常化が遅れるとの懸念はくすぶっている。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発した。前週末比116.93ポイント(1.2%)高の9874.15で終えた。前週末に大幅安となったSNS(交流サイト)のフェイスブックが反発。アップルやネット検索のアルファベットの上げも目立った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム