/

米国株、ダウ平均2013ドル安 過去最大の下げ幅 新型コロナ懸念と原油急落で

【NQNニューヨーク=岩本貴子】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落した。前週末比2013ドル76セント(7.8%)安の2万3851ドル02セントで終えた。下げ幅は過去最大で、2019年1月上旬以来の安値。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に加え、原油先物相場の急落で米エネルギー企業の業績悪化懸念が広がった。リスク回避姿勢が強まり、ほぼ全面安となった。

ダウ平均の下落幅はこれまで過去最大だった2月27日の1190ドル95セントを大きく上回った。2月12日に付けた過去最高値からの下落率は19.3%に達し、高値から20%以上下落する「弱気相場」入りが目前となった。

朝方から大幅安で始まった。前週末に石油輸出国機構(OPEC)がロシアなど非加盟国と減産拡大で合意できず、サウジアラビアが増産と価格引き下げに転じた。米原油先物相場は一時3割強下落した。米経済で比重が大きいエネルギー企業の資金繰りが悪化し、景気を下押しするとの懸念が強まった。

エクソンモービルやシェブロンなど石油大手が売られ、シェール企業の株価は暴落した。原油安で財政が悪化する産油国が、穴埋めのために株式などの資産売却に動くとの見方も広がった。

新型コロナの世界的な感染拡大も景気の下押し要因になる。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は9日の記者会見で「パンデミック(世界的な大流行)の脅威が非常に現実味を帯びてきた」と述べた。旅行業を中心に悪影響が広がっており、世界景気の後退局面入りが意識された。

9日は米長期金利が一時0.31%と過去最低を更新し、貸し出し利ざや悪化懸念から銀行株の下げがきつかった。JPモルガン・チェースは14%安、バンク・オブ・アメリカは15%安となった。

市場心理を測る指標となる米株の変動性指数(VIX)は一時、前週末より5割近く高い62.12まで上昇した。終値は54.46。不安心理が高まった状態とされる20を大きく上回って推移した。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は午前に一時7%安となり、取引を一時停止する「サーキットブレーカー」が発動される場面もあった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落した。前週末比624.942ポイント(7.3%)安の7950.676で終えた。S&P500種も3日続落し、7.6%安の2746.56で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン